プロフィール

1.自己紹介

森ひろき

1980年石川県生まれ埼玉育ち、東京都在住2児の父

前職は飲食業(イタリアンのソムリエ)で社畜。

お金の知識と投資を学びトライ&エラーを繰り返して

飲食を脱出し、個人投資しつつ学びを発信してます。

Kindleで出版(2021.9.26付5部門1位)

読書と音楽、料理が大好き。

旨いものとお酒があれば幸せです。

👆もくじへ戻る

2.出版

飲食社員でもできた!年収350万からはじめるローリスク資産形成法

購入ページ

飲食社員でもできた!年収350万からはじめるローリスク資産形成法: 情報・副業・投資 3本の矢で折れない安定運用サイクル | 森 ひろき | 個人の成功論 | Kindleストア | Amazon
Amazonで森 ひろきの飲食社員でもできた!年収350万からはじめるローリスク資産形成法: 情報・副業・投資 3本の矢で折れない安定運用サイクル。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

9/26 5部門で1位になりました!

👆もくじへ戻る

3.SNS

Twitter

PostPrime

LINE公式

👆もくじへ戻る

4.ダメ人間~脱飲食業

(僕の20代~40直前までの話です)

自己紹介で飲食業で働いていた、と書きましたがその前は「ダメ人間」でした。

大学4年でいっさい就活もせず、20代の時は一度も就職せずに飲食アルバイトのバンドマンしてました。バンドで飯が食えたことは一度もないです。

芽が出ないままバンドを続け、 楽器ローンや借金が膨らみ家賃滞納でアパートを退去することになって24で埼玉の実家に戻ることになりました。

フリーターですから世間的には24歳無職です。おまけに実家暮らしで借金100万円以上あるバンドマンです。ダメ人間です。

ツイストドレッドでダボついた服という風貌で、よく職質されました。

その後も居酒屋で夕方から朝までアルバイトしては仕事終わりに朝から飲んだくれ、バンドも続けてました。

30歳手前になっても芽は出ないままで、もうこの頃はあきらめずに頑張っていたというよりはむしろ、

「バイトしかしてないから就職しようったって今さら何もできないしバンド続けてもいいかげんムリだろうしどうしよう」

という感じで答えも出ずダラダラとした日々を過ごした時期だったと記憶してます。

こうしてダメなまま20代を終えました。

30歳になる手前に父がガンにかかり、余命半年を宣告されました。

そして治療の効果もあまりなく、亡くなりました。

悔い改めてやっとバンドを辞め、当時アルバイトしていたイタリアンでオーナーに頼みこんでなんとか社員として雇ってもらって真面目に働くようになりました。 

ローンや借金も完済し、その後結婚して子供も生まれました。

 しかし働いていたイタリアンは個人店で週一休みの一日12時間労働、売り上げの良くない月は減給もされてました。とても明るい未来は見えない中でどうすればいいのかわからずにいました。

そのころにはもう30代も半ばになろうというころで、他業種に転職は営業職以外は不可能でした。

新しい業種でイチから仕事を覚えるよりは今あるものを突きつめて飲食内で今より条件が良いところに移ることにしました。何しろこのころの年収は300万ちょっとでした。

ワインが好きなのでソムリエ資格を取ろうと思い、すぐに申込みました。学生の時ぶりの勉強で、電話帳くらいの厚さがあるテキストにビビった記憶があります。

仕事の合間も、帰ってからも、休みの日も毎日必死で勉強し続けた結果、半年くらい(勉強開始が3月くらいで一次の筆記が8月、二次が9月)で合格することができました。 

頑張ればやれるもんだ、と少し自信がつきました。 

その後、人脈を活かして飲食業内でより条件が良い会社に転職しました。 給料と休みが少し増えたので、飲食で働きながらでも可能な副業探しをしました。 

スマホ片手に調べたり、知人を当たってみました。

超短期投資のバイナリーオプション(為替レートが一定時間後に指定レートの上か下かを予測する取引)と

代理店ビジネス(要はネットワークビジネスの類)

の話があり、「すぐ儲かる」「誰でもカンタンにできる」という言葉に飛びついたのでした。 

そして、まんまと騙されました。 

投資サギで大損し、代理店ビジネスは話を持ってきた知人とともにガッカリ感を味わいました。 

それでも「まともなのがどこかにあるはずだ」と再びスマホ片手に探し続けました。しかし騙されたことで、何も信用できなくなり何もわからなくなってふさぎこみました。 

そんなある日お店の新しいワインについて調べていると、きちんと正しい情報を拾えてる自分に気付きました。

そこで初めて自分がお金や金融、副業について何も知識がないことを自覚しました。

知識をつければ良い方向に進めるかも、と思ってイチから学ぶことにしました。 

ワインの勉強の時と同じように本を買って読むことから始めました。

基礎知識がついてきた頃に投資信託を始めました。

それから株やFX、他の投資も勉強して実践と失敗を繰り返しました。

そして自分のやり方と相場がうまくハマッてくれた時にまとまった利益を得ることができ、それを継続して運用することでなんとか仕事を辞められるようになりました。

こうして飲食業を抜け出したのが、2020年の2月でした。新型コロナウイルスがまだ大問題になる直前でした。 

👆もくじへ戻る